--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/06 (日) 23:45
6日の丑三つ時。
突然リッキーが右耳の後ろを抑えて、
布団の中で「イタイイタイ!」と号泣。

いくらさすってあげても、
声をかけても痛いというばかりで、
どんどん尋常でない泣き方に。

さかのぼって数日前の出来事。家の階段から数段転げ落ちるという事件が勃発。
号泣したものの、その後はケロっとしてジジババとお買い物にいったそうな。
(私は母乳マッサージでいなかった・・・)

というコトがあっただけに、頭の中がどうにかなっちゃったんじゃなかろうかと
恐ろしくなり、プチパニック。

親を叩き起し落ちた時の状況を聞き、とりあえず救急外来へ行くことに。
本来は事前に電話しなければならなかったみたいだけどそこは行ったもん勝ち。
でも診察まで1時間待ち・・・。

この間、リッキーは私からベッタリ離れず時折起きては「イタイ」と号泣。
レッキーは空気を読んでるのか爆睡。ありがたやー。

呼ばれた先には耳鼻科の先生。
私が入院中、急性中耳炎になってたので耳からくる痛みかまず診てもらうことに。
結果、チューブもはずれてないし、耳からの痛みではないとのこと。
脳に関しては分からないけど大丈夫では?と言われ、
このまま帰されそうだったので、食い下がったらCTを撮ってもらえることに。

手術で何回かCTを撮ったことがあるので大丈夫かと思いきや、
リッキーもかなり気弱になっていたのか号泣して撮れず。ガックシ。。。
どうにかレントゲン写真だけは撮り、脳神経外科の先生に診てもらえることに。

結果、
・脳の中がどうにかなるには日数が経ち過ぎていること
・脳に何かある場合、吐いたりすることがあるがそれもないこと
・頭蓋骨にヒビや骨折がない場合、脳内で何かが起きているとは考えにくい
という丁寧な説明を聞いて一安心し病院を後にしました。

家路に着いたのは7:00。
レッキーは一度授乳したくらいで後は爆睡。本当にありがたかった。
リッキーは私から全く離れず、お腹の上で2時間ほど爆睡・・・。
でもカンガルーケアーするには3歳児は重たすぎた。
落ち着いていた悪露がまた復活。痛すぎる。

でも起きたら少し落ち着いたようで、無かった食欲も少し出てきた模様。
良かった。。。


さて後日談。
翌日まだ痛い痛いというのでさすりながら首から肩も一緒に揉んであげたのですが、
突然リッキーが「そこイタイからダメダメ」と・・・。


「えっ(☆_☆)?」


再度ゆるーく首から肩を揉んでみるとやっぱり痛そう。
そしてよくよくリッキーを観察すると、顔が左ばかり向いてて右を向こうとしない。
リッキーに「右を向いてみて」と首をまわそうとすると「いたいからムリ」と。。。


「ん( ̄Д ̄;)?」


どうやら痛みの原因は首の筋だったらしい。つまり「寝違え」ってやつ。
高い枕にうつ伏せで寝てたので確かにありえる。。。

その後、色々とリッキーに質問。
ようやく痛みの元が「寝違えによる首筋の痛み」と判明。


あ~。脳がどうにかなってなくて良かった(≧◇≦)!!


最近、医療系ドラマが多かったのと、幼馴染の子が突然死したのも重なってたので、
思いっきり病院に食い下がってしまったけど申し訳なかった!!!

子供は痛みをちゃんと伝えられないだけに特定するのが困難と痛感。
レッキー生れて両親に任せっきりにしてたけど、もう少しちゃんと見てあげなきゃ。

そして未だに首がちょっと左よりになっているリッキー。
はぁ、子供っていくつになっても心配事が付きませんなぁ。
秘密

トラックバックURL
→http://girlsspirits.blog67.fc2.com/tb.php/25-5250ac6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。